×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

個別指導まなびの森(大阪府枚方市・御殿山駅徒歩5分)

生徒数や進学実績などで一番を自慢する塾になりたいのではありません。
唯一無二、来てくれる生徒にとってかけがえのない塾でありたいのです。
それがまなびの森の在り方です。

まなびの森の本

まなびの森のことが分かる本を出しました。
アマゾンの電子書籍になります。
スマホのアプリかkindleで読むことができます。
どんな人がしているのか、どんな教室なのかを知りたい方はご一読ください。





リンク

あおい高等学院(枚方市、枚方公園駅徒歩10分)

通信制高校のさくら国際高校の大阪枚方キャンパスとして、発達障害などで全日制高校に通い、最後までやり通すことに困難のある生徒達のサポートをしています。

まなびの森でも、発達障害や不登校の中学生・高校生の受け入れをしていますが、あおい高等学院は通信制高校のサポート校なので、高校卒業に必要な単位認定のための直接の指導が受けられます。

平成27年の春より、まなびの森はあおい高等学院と指導協力校として、生徒の中学卒業後のあおい高等学院への紹介や、まなびの森での学習が希望の方には、あおい高等学院とまなびの森に在籍をしながら、その課題を進めるためのサポート指導を行い、高校卒業資格取得の支援をしていくことになりました。

更新情報

H29.6.21

生徒の成長という観点で見守ります

まなびの森の教室長は塾業界歴25年以上であるだけで無く、2017年1月に保育士の資格を取得しました。

学習塾は受験のためにただ勉強を教えて、志望校に合格させれば良いと言うものだと思われがちで、実際にそう言う塾も少なくありません。

しかし、20年以上個別指導に携わってきて、本当にそれだけで良いのか?と疑問に思ってきました。
なぜなら、生徒の成長は一人一人全くペースが違うのです。
発達障害を持つお子様ならなおさらです。

一人一人ペースが違うのに、同じ進度で進む授業、同じ受験スケジュールでの学習が果たして子どもたちのためになるのか?そのような疑問がずっと私の中にはあります。

ある事柄を学ぶ時には、その内容を受け入れられるだけの精神的、知的な準備がその生徒に整っていなければなりません。
それが無いままで新しいことを理解させようとするから勉強が訳の分からないものになるのです。
そして、勉強が嫌いになったり,不必要な苦手意識を植え付けられるのです。
実際、学校で習ってから何年もしてから、ウソのようにすうっと理解できてしまうことは少なくありません。

それを本人にやる気が無いからだとか、頭が悪いと言ってしまうのはどうでしょう?
それでは本人の自尊心を奪うことにしかなりません。
一度失われた自尊心を取り戻すのはたやすいことではありません。

以前から思っていたことですが、保育士の勉強をしていく中で、そう言う言葉で子どもの自尊心を奪うのは子どもの成長についての理解が無いからだと痛切に思いました。

学校教育や現在の教育制度のように子どもの成長を画一的にとらえようとするのでは無く、一人一人個別の成長があると言う前提で子どもと接していかなければならないと、まなびの森では考えています。

それでは毎回の定期テストまでに範囲の内容を押さえられないのではないかと、心配されるかも知れません。
でも、準備が整っていないままで無理矢理覚えさせられた内容は本人の身にはなりません。
なぜなら本当の理解がそこには無いからです。
それが本人の自信を奪うことにつながるでしょう。

ですから、まなびの森では一人一人の成長を考えながら、それぞれの内容における学習の深さ、演習の難易度を決めていきます。

それは、生徒自身の学習の準備が整った時に、自力で学びを深めていけるようにするためです。

まなびの森では、教育とはあらゆる面で子どもが自立して生きていけるように導くことだと思っています。
自力で学ぶ力とはその中の一つだと思っています。

戻る

Copyright(C) 2017 個別指導まなびの森